通信教育・スクール

通信教育・スクール

日本茶アドバイザー・日本茶インストラクターともに、通信講座コースが設けられ、どこでも、自分のペースで効率よく学ぶことができます。 初級資格である日本茶アドバイザーには、講師からの直接指導とグループ実習が受けられる「日本茶アドバイザー養成スクール」もあります。

初級コース 

日本茶アドバイザー通信講座」はテキストによる学習と、茶の鑑定方法などの直接指導が受けられる実技講習会(1日)で構成されます。 修得状況は通信によるリポート添削で確認することができます。
茶と消費者を結ぶアドバイザーとして必要な日本茶に関する基本的知識、技能、インストラクション技術を身につけることができます。
くわしくはこちらをご覧ください。

日本茶アドバイザー養成スクール」は、規定日数出席し、修了確認テストに合格すると、日本茶アドバイザー資格を取得できる通学(スクール)式の教育システムです。 講師から直接指導を受けられる授業と、実践的で興味深いグループ実習とを交えながら受講することにより、日本茶に関する基本的な知識、技能、インストラクション技術を身につけることができます。
くわしくはこちらをご覧ください。

中級コース(日本茶アドバイザー資格を持っていなくても受講できます)

日本茶インストラクター通信講座」では、テキスト、映像教材、茶鑑定セットによる総合学習を、すべて在宅で行えます。修得状況は、通信によるリポート添削で確認できます。
日本茶に関する総合的、系統的な学習を目的に開発されているので、専門的な知識、技能、インストラクション技術を身につけることができます。
高校卒業程度の学力を有する方であれば、どなたでも学習をスタートできます。茶に関心の高い一般消費者はもちろん、茶関連企業、団体の社員研修として、また飲料・食品・流通の各分野に携わる方が、茶についての専門性をより高める際にもご活用頂ける講座内容です。
くわしくはこちらをご覧ください。

※「日本茶インストラクター通信講座」の修了基準に達すると、申請により「日本茶アドバイザー」の資格を取得することができます。